CHECK

鍼灸師の学校で取得できる資格とは?これから入学する人に向けて役立つ情報を紹介

当サイトは鍼灸師の学校で取得できる資格とはどのようなものなのか、これから入学する人に向けて役立つ情報をご紹介しています。
鍼や灸を用いて人を癒せる知識や技術を身に付けたい人におすすめです。
鍼や灸のプロになるためには最短でも3年の教育が必要となります。
教育機関に通って学ぶことで、国家試験の受験資格を得られます。
また人に鍼や灸をできるようになるためには、教育機関で人体の仕組みを勉強しなくてはなりません。

鍼灸師の学校で取得できる資格とは?これから入学する人に向けて役立つ情報を紹介

病気の改善や予防に役立てられている、鍼灸のプロである鍼灸師に関心がある人も多いのではないでしょうか。
鍼灸師になりたい人向けの情報をご紹介すると、鍼灸を提供するにははり師ときゅう師の国家資格が必要です。
これらを取得するためには学校で学びます。
国家試験の合格率は7割程度で、受験資格を得るためには鍼灸師を目指す人に対応している3年制の専門学校か4年制の大学で学ばなくてはなりません。
大学は一般教養も身に付けられますが、就職までに時間がかかり専門学校は3年で卒業できます。

鍼灸師になるには学校で勉強してはり師ときゅう師という二つの資格を取得する必要がある

鍼灸師ははりときゅうを用いて治療する職業ですが、実ははり師ときゅう師は国家資格が違うため、それぞれ活動することができます。
ですがほとんどの人がこの2つを取得しているため鍼灸師と呼ばれています。
活躍するにははり師ときゅう師、それぞれの資格を取得する必要がありますがそのためには養成学校へ通い所定の学問を履修した後に国家試験に合格する必要があります。
試験内容は解剖学や生理学など多方面から出題されますが、施術を行なうには正確な人体の仕組みを知っておく必要があるためで、毎日コツコツと勉強することが求められます。
また実際の試験内容は学科試験だけですが、実際に現場で活躍するためには患者さんに寄り添うことも求められるため、ある程度の現場経験を積めるような課程を設けている学校もあります。
鍼灸師になりたいと考えている人は、厚生労働省指定の養成学校で3年以上通うことが必要です。
その上で国家試験を受け合格すれば晴れて鍼灸師としていろいろな職場で活躍できます。

鍼灸師は通信教育だけでは資格取得が不可能なので学校に通う必要がある

鍼灸師になりたいと思っている人もいるかもしれませんが、これは通信教育とか市販の教材などを利用した自学自習だけでは資格を取得することができません。
もちろん個人的な趣味の範囲内であればそれでも構わないのですが、国家資格としての鍼灸師の資格取得を目指すのであれば、所定の学校に通わなければならないのです。
この理由は、所定の学校に通った者だけに国家試験の受験資格を与えると決められているからで、言い替えればそうではない者はそもそも資格試験を受けることすら認められないということになっています。
ですので、そのようなことをせず、通信教育のみでこの資格が得られるかのようにうたっている人やウェブサイト、書籍などがあったとすれば全て詐欺に当たりますので注意しておきましょう。
なお、通学の多くは高校や大学と同じように平日の日中に行われますが、夜間高校や夜間大学があるように、こちらも主に社会人を対象に夜間の授業をメインとしているものも存在します。

鍼灸師として即戦力で働きたいなら専門学校がおすすめ

鍼灸師として即戦力で働きたいなら、専門学校がおすすめです。
専門学校に通うことで、鍼灸師に必要になる技術や知識を勉強することが可能になってきます。
まず、資格を取得するためには知識が必要です。
体の仕組みから鍼灸のことに関して、トータルで勉強していくことになります。
この勉強を行うことで鍼灸の基本を学び取ることができます。
学校では、知識だけではなく技術を身に着けることができます。
実際に鍼灸を行うことで、どの程度の加減が必要になるのか、自分の手で知ることが可能です。
実技を通して社会に出た時の即戦力の実力を身に着けることができ、実際に患者さんの体に施術を施していくことが可能になります。
このように、鍼灸師になりたいと思ったときには、学校に通って専門的な技術を勉強してみるとよいでしょう。
必要な技術や知識を教えてくれますし、一生懸命に学ぶことですぐに働きたい方も即戦力として活躍することが可能になってきます。

鍼灸師になるためには学校で解剖学や生理学を学ぶ

鍼灸師に興味を持ったり憧れて目指すのであれば、学校で解剖学や生理学を学ぶことを知るのが先決ではないでしょうか。
鍼灸師は人体の構造を理解した上で施術の技術を学ぶ一種の学問ですから、解剖学や生理学を知らなくてはいけないのは当然です。
となれば、学校に入学する前に触れておくことでスムーズに習得が進められますし、早く鍼灸師を目指すことができます。
勿論、大切なのは早く習得することよりも、しっかりと理解を深めながら身につけることです。
鍼灸師は資格を取得してもそれで終わりではなく、日々勉強を続けて技術を磨くことが求められます。
学校は教えられたことだけを受け身で学ぶよりも、常に様々なことに関心を持ち、探究心で次々に知識を得て自らをアップデートしたいところです。
有資格者で活躍している人は知識量が膨大ですし、表面的な技術ではなく、専門的な知識に基づく裏づけがあるものなので、それが説得力や技術的な信頼に繋がっているといえるのではないでしょうか。

鍼灸師に関する情報サイト
鍼灸師の基礎知識

当サイトは鍼灸師の学校で取得できる資格とはどのようなものなのか、これから入学する人に向けて役立つ情報をご紹介しています。鍼や灸を用いて人を癒せる知識や技術を身に付けたい人におすすめです。鍼や灸のプロになるためには最短でも3年の教育が必要となります。教育機関に通って学ぶことで、国家試験の受験資格を得られます。また人に鍼や灸をできるようになるためには、教育機関で人体の仕組みを勉強しなくてはなりません。

Search