CHECK

鍼灸師になるためには最短でも3年の学校教育が必要

鍼灸師になるためには最短でも3年の学校教育が必要

将来は鍼灸師を目指したいと考えている人もいるのではないでしょうか。鍼灸師になるためには、はり師ときゅう師の国家資格が必要です。さらにこの国家試験を受けるためには、鍼灸師を養成するための学校に通って受験資格を得なくてはなりません。高校卒業後に進学する際の選択肢には専門学校と大学があります。専門学校の場合には3年制で卒業すると国家試験の受験資格が与えられ、大学の場合には4年制となり所定の科目を履修する必要があります。どちらの場合も、国家試験を受けて合格すると晴れて鍼灸師になれるという流れです。専門学校の場合は、最短で3年卒業できるため大学と比較すると1年短いのが特徴です。そのためできるだけ学費を抑えて資格を取りたいと考えるのであれば、大学よりも専門学校の方が適しています。大学の場合には鍼灸だけでなく一般教養も学べるのが特徴です。ただし4年間通うことになるので、早く社会に出たい場合には適していないかも知れません。

鍼灸師になるには実技の授業も受けるのが安心

鍼灸師になるためには、専門学校に入って国家試験を受けるという流れがあると思いますが、やはり学校のカリキュラムによって実習の時間であったり実技の練習の授業などがどの程度導入されているかが違います。そのため選ぶ時には、内容をチェックしてから学校選びをすることも重要なポイントとなるでしょう。鍼灸師は手に職という事で、今不景気な中でもその資格を求めて学校に通っている方は増えていますし、社会人になって働きながら通うということも出来ますので、夜間学校を探してみると良いでしょう。転職をしたいけれど、やめてからとなると大変な部分も有りますし不安もあります。その点勤めながらにして資格を取ることが出来る学校に通えれば、その不安も少なくなります。卒業後の進路も就職先をあっせんしてくれるようなパイプの強い所ですと、安心して進むことが出来ます。まずは情報リサーチからスタートすることになりますが、実技の時間なども考えていきましょう。

鍼灸師に関する情報サイト
鍼灸師の基礎知識

当サイトは鍼灸師の学校で取得できる資格とはどのようなものなのか、これから入学する人に向けて役立つ情報をご紹介しています。鍼や灸を用いて人を癒せる知識や技術を身に付けたい人におすすめです。鍼や灸のプロになるためには最短でも3年の教育が必要となります。教育機関に通って学ぶことで、国家試験の受験資格を得られます。また人に鍼や灸をできるようになるためには、教育機関で人体の仕組みを勉強しなくてはなりません。

Search